新生児用品で必要なものか否かを見極める方法

紫外線から守る

今は紫外線の影響を大きく受けるようになったので、赤ちゃんといえども日焼け止め対策が必要になります。赤ちゃんの肌は繊細であるため、赤ちゃんが使用できる専用の日焼け止めクリームがおすすめです。洗い流す時には、肌を傷めないように、撫でるように優しく落としてあげることが大切です。

出産前に用意しておくもの

ベビー用品

新生児に必要なものとは

初めての出産のときにはすべてが初めての出来事ですし、新生児を迎えるためにも出産前に用意しておかなければならないものがあります。新生児用品として代表的な商品としては、ベビー服、哺乳瓶グッズ、おしゃぶり、あやすための玩具、ベビーバス、爪切り、スタイ、車を所持している人はチャイルドシート、ベビーカー、抱っこ紐等、新生児を迎えるために必要なものはたくさんあります。細かいものまで上げるとキリがなくなってしまうほどです。そして消耗品としてはおむつ、おしりふき、ミルクなども必要でしょう。一般的にマニュアルなどに記載されている新生児用品をすべて用意しなければならない訳ではありません。また、ミルクに関しては母乳で育てるかによっても必要性が変わってきます。出産してから一週間弱は基本的に入院が必須になるのですが、入院中に必要な新生児用品を用意し忘れたとしても病院で購入できるケースが多いので万が一買い忘れてしまった際でも慌てる必要はありません。出産をしたら買い物に行く時間もほとんどありませんから、とりあえず必要だと思われるものを出産前に揃えておくのがベストです。本当に必要なのかどうか迷ったものに関してはすぐに購入するのではなく、出産してからでも遅くはないでしょう。新生児用品を買いに行く時間が取れなかったとしても現在ではネットでショッピングをすることができます。足りないものはインターネットを利用して購入するのも手段の一つです。

お母さんの手助けに

赤ん坊

赤ちゃんをあやしたり、リラックスした睡眠を用意できるのがバウンサーです。家事をしながらでも使用できるので重宝されています。しかし、使用するときは生後何ヶ月から使えるのか調べておきましょう。メーカーによっては折り畳み式のものや軽量型のものもあります。

必要になる配慮

乳児

赤ちゃんを車に乗せる場合にはチャイルドシートを使用することで、より安全に車に乗せることができます。赤ちゃんのためにチャイルドシートを使用する場合は、寝かせた状態にできるものを選んで使用します。置き場所や、安全ベルトの締め方にも注意が必要です。